出会いサイト  
悪質サイトの手口 > 電子消費契約法
悪質サイトの手口
出会い系サイトへの勧誘
アダルトサイトへの勧誘
怪しいサークルの勧誘
固体識別番号について
架空請求
支払い督促制度の悪用
電子消費契約法

悪質利用者の手口
脅迫メール
金銭詐欺

出会い系サイトの利用方法
有料出会い系サイト
無料出会い系サイト
出会い系サイトのサクラ
出会い系サイト規制法

被害を受けた時には
対処方法について
被害関連の参考ページ

出会い系情報関連リンク
出会い系サイト関連情報
出会い系ランキング&リンク集

電子消費契約法

電子消費契約法とは

  • 電子消費者契約とはパソコンや携帯電話でインターネット等を利用して商品購入などの契約をすることをいいます。 最近パソコンや携帯電話の普及でインターネット等での消費者トラブルが増加しており、 これに対応する為に電子消費者契約法(電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律について)が 平成13年12月25日に施行されました。

電子商取引についての消費者の操作ミスの救済

  • 電子契約では、事業者側がパソコン等の画面で契約申し込みをするような設定の場合で、 消費者の申し込み内容などの意思を確認する為の適切な措置を講じていない場合、 原則として、操作ミスによる契約は無効となります。 消費者が申し込みの意思表示を行う事の画面を設定する事や、申し込みボタンを押す前に申し込み内容を表示し 確認及び訂正を行える画面を設定しなければなりません。 このような措置を事業者が講じないと、消費者の操作ミスとして申込みは無効になります。

電子商取引における契約の成立時期

  • 電子契約では、事業者の契約承諾の通知が消費者に届いた時点で契約成立となります。業者は契約の申込みがあった場合 、契約承諾の通知を行わなければなりません。またそれが申込み者に届かないと(法律上では)契約成立となりません。
  • アダルトサイトや出会い系サイトなどにアクセスしただけで、 料金を請求された場合には、電子消費契約法により契約は無効となり、料金を支払う必要はありません。

関連参考サイト

Copyright (C) from 2017 出会い系サイト All Rights Reserved.